【TED】描くことで人はどれほど自由になれるか シャンテル・マーティン(アーティスト) 難易度・専門性【3/10】

【TED】描くことで人はどれほど自由になれるか シャンテル・マーティン(アーティスト)

アーティストのシャンテル・マーティン(Shantell Martin)さんがペンを持って何かを表現することの大切さについて語ります。人は何かを描き表現する事で自分なりのルールを確立できるといいます。それが少数の人が決めたルールから自由に自分を解き放つ鍵になるのだとか。

動画資料

概要

・ロンドンで育ったが、ナイジェリア人とのハーフで差別に遭っていた。ペンで何かを描くことの喜びを知り、名門の美術学校にも通わせて貰えた。イギリスは未だに階級社会であり、差別が根強く残っていて、イギリスを離れ、日本で活動することにした。
・日本では外国人なら出自は気にせず、「ガイジン」という一括りで扱われるので気が楽だった。
・絵を描くことで、自分を見つめられ、何か不安な事があっても自分の絵の線が自分を導いてくれるような感覚に救われた。
・ニューヨークに活動を移してからひたすらに絵を描き続けた。絵を描くことで世の中との接点ができた。
・大切なのは見る力。視覚は人がものを見る手段の一つに過ぎない。

芸術やアートセラピーに興味がある人にお勧め出来る内容。自分の中にある表現したい衝動と向き合って継続した結果、社会に認められて社会との接点が見いだせるというのは良い話だと思う。この人はニューヨークタイムズに取り上げられてから一気に成功した感じがする。人生何が起こるか分からないものだ。コロナ渦で希望を失っている人に、ペンを取って「何かを表現する事」が希望に繋がることを伝える動画。

画像で覚える英単語

forge 鍛冶の、作り出す、鍛える
forge

embracing 愛情を持って抱きしめる、抱擁する
embracing

recalibrate 再調整する、再び測定する
recalibrate

homophobic 同性愛嫌悪の
homophobic

rooted 根付いている
rooted

ironically 皮肉にも、皮肉に
ironically

immersed 熱中して、没頭して
immersed

incredible 信じられないほどの
incredible

flashlight 懐中電灯
flashlight

scary 恐ろしい
scary

meditate 瞑想する
meditate

insecurities 不安要因、危険因子、不確実性
insecurities

promenade 散歩道、遊歩道
promenade

military chapel 軍事礼拝堂
military chapel

参考・出典

・https://www.ted.com/talks/shantell_martin_how_drawing_can_set_you_free?utm_campaign=tedspread&utm_medium=referral&utm_source=tedcomshare